第7号では, 新しい試み「ポートレート」をスタートさせます。
「ポートレート」は, 「人」を中心に特集を編みます。ある人物の軌跡, 想い, 考え…。
「人」が持つ底知れぬ魅力を読者のみなさんへお伝えしたいと思います。
地域特集とともに, 疾駆/chicの両輪を成すように編まれる「ポートレート」。
今号は, デザイナーのヨーガン・レールさんの特集です。
レールさんは, テキスタイルデザイナーとしてそのキャリアをスタートさせた後,
服飾デザインに留まらず, 器や家具などのデザインも行い, 日々の暮らしに
彩りを添える作品を2014年の秋に亡くなるまで長年に渡って制作し続けました。
2015年の夏に東京都現代美術館で発表された
海洋漂着廃材を用いた美しいランプ作品の数々が大きな注目を集めたことも,
記憶に新しいことと思います。
レールさんが持っていた現代文明に対する鋭い眼差しの一端に迫る特集です。

 

ポートレート 01 ヨーガン・レール
8月の石垣島から
夜, 自然のなかのレールさんの家に到着 / アジアの星空の下, 湿潤な風とともに眠る /

レールさんが作り上げた森, 畑, 水 / 人と野生が織りなす畑 / ビーチサンダルでどこまでも /

プラスチックゴミのランプたち/ ランプの灯りとともに

1970年の東京から
「ヨーガンレールの再出発」 / 手描きの「ヨーガンレール」 / 東京での住まい / レールさんが出会った人々

小池一子さんにレールさんのお話を聞く

大きく変化する時代のなかで, 日本の常識に抗う / 私たちの時代への深い眼差し / アジア的な生き方

 

連載

立日 蓮沼執太
遠くの羽音 村瀬恭子
モームと L PACKの10月
アーティストの皿 菅木志雄さん

 

横組み用書体をつくってみる 鳥海 修
けわふもの 鈴木俊晴
良口雑言 保坂健二朗
ワード プレス 萩原俊矢
ブックケース・スタディ 中島佑介
ここまで, ここ, ここから エドツワキさん
Flourish
空間感 安東陽子
かげろうのやうに 花代
書物の周縁, 周縁の書物 古賀稔章

 

編集後記